チャレンジタッチの夏の特別号で、小1の夏休みを有意義に。お得キャンペーン詳細を解説!

チャレンジタッチ夏の特大号

小学校入学から3か月。

小学校生活にもだいぶ慣れてきたところでしょうか。

みさき

みさき

お子さんの学習状況はどうですか?

小1ママ

小1ママ

今のところ、大丈夫だけど…

宿題だけで、ほかに家庭学習は必要なのかな?

みさき

みさき

宿題をきちんとできていれば大丈夫ですが、2学期からは学習内容もスピードも一段階上がります。

夏休み中に、しっかり復習して宿題以外の学習習慣をつけたり、体験を通じた学びをしておくと、2学期からより授業が楽しめるようになりますよ!

小1ママ

小1ママ

夏休みって宿題もたくさんでるよね?

さらに家庭学習もってできるかな💦

みさき

みさき

そこでおすすめなのが、チャレンジタッチ1年生です。

この記事を読むとわかること
  • チャレンジタッチで家庭学習の習慣がつく理由
  • お得なキャンペーン

\今すぐ最新のキャンペーン詳細をチェック/

無料資料請求はこちらから≫

チャレンジタッチで家庭学習の習慣がつく理由

家庭学習の何が大変って、習慣化!!

みさき

みさき

届いたときはやる気に満ち溢れているけど、少し時間が経つと見向きもしないなんてことありますよね。

チャレンジタッチなら毎日取り組みたくなるきっかけも作ってくれるんです。

特に夏休み期間は生活習慣が崩れがちなので、チャレンジタッチが良いペースメーカーになってくれること間違いなし!

7/25~8/24の間は毎日ログインフェスティバルが開催されます。

ログインするとスペシャルゲストが応援してくれる♪

息子

息子

有名スポーツ選手や人気キャラクターが登場するんだって!

みさき

みさき

子どもにとって、大きなモチベーションになります。

習慣化には2~3週間程度かかるので、この夏休みがチャンス!

チャレンジタッチの機能を使って、楽しく学習の習慣化をしましょう♪

夏、家庭学習に力を入れた方が良い理由

冒頭でもお話しましたが、1年生の2学期からはより本格的な学習がスタートします。

1学期はひらがなやくり上がりのない計算など、もともと知っている・できる子が多かった内容。

もちろん差も付きにくく、学校に慣れることが最優先なので、授業スペードも緩やかです。

しかし2学期からは、学習内容もスピードも一段階アップ。

1学期に習ったことをベースに、2学期は積み上げていくので、夏の間にしっかりと土台を築くのが大切です。

チャレンジタッチなら…

  • 学習アプリで、楽しく遊び感覚で学べる
  • 紙教材「なつやすみドリル」でしっかり学習
  • サイエンスブックで経験学習

複数のやり方で学習を進めていけるから、それぞれの学習方法の良いとこどりが可能です。

チャレンジタッチには、「Wときなおし機能」が搭載。

間違えた問題は必ず解きなおしをするシステムとなっています。

重要問題は忘れたころにもう一度解きなおしさせてくれるから、苦手をつぶして知識がしっかり定着できますよ。

みさき

みさき

あてずっぽうにならないように、選択制の場合は選択肢もシャッフルしてくれるんです。

\ここからキャンペーン詳細をチェック/

無料資料請求はこちらから≫

進研ゼミは、夏休みに保護者も助けてくれる

夏休み特有の宿題(読書感想文や自由研究)って、親にとってもフォローが大変なものですよね。

なんと、チャレンジはそうした夏休み特有の宿題にも対応してくれるんです!

  • 自由研究に役立つ教材
  • 読書感想文にも役立つ電子書籍約1000冊が無料で読める
チャレンジタッチ1年生 8月号
画像は進研ゼミ公式HPより引用
みさき

みさき

1年生は氷を題材にした体験学習ができますよ♪

お得なキャンペーン

夏の特別号キャンペーンの詳細をご紹介していきます。

  • 7/25までの入会で8月号の1か月のみの受講もOK
  • 返却すればタブレット代0円

通常、最低受講月数は2か月ですが、夏の特別号キャンペーンなら1か月のみの受講が可能に。

たっぷり時間のとれる夏休みに、お子さんの学習スタイルに合うか、じっくり検討できます

また、通常は6か月未満の退会または学習スタイル変更の場合、タブレット代金が9,900円(税込み)かかりますが、このキャンペーン中であればタブレット代が0円!

※要タブレット返却
※1か月のみで退会もしくは学習スタイル変更の場合、8/10までに要電話連絡

\ここからキャンペーン詳細をチェック/

無料資料請求はこちらから≫

みさき

みさき

関東在住、専業主婦。
2013年生まれの息子と2015年生まれの娘がいます。
おうち幼児教育で築いた土台をもとに、小学生も親子で学びの芽を伸ばしていきたい!
実際に取り組んだこと、調べたことを当ブログにまとめています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です