チャレンジタッチ1年生を使用してみた感想まとめ

チェレンジタッチ レビュー 口コミ

2020年度に公立小学校に入学した息子。

4月号と10月~3月号の計7か月間受講しました。

今回は、チャレンジタッチを実際に使用してみた感想を総まとめ!

本記事を読むとわかること
  • 各教科の教材を使ってみてわかった良い点と難点
  • チャレンジタッチはどんな子に向いてるか
  • チャレンジタッチて魅力に感じた点

通信教材にお悩み中のあなたの参考になったら嬉しいです。

\お得な入会キャンペーン実施中/

チャレンジ1年生は、月あたり2,980円~
国語・算数・英語・プログラミングが学べる♪

チャレンジタッチ1年生「国語」レビュー

チャレンジタッチ 漢字アプリ

小学1年生の一つ目の壁は「書き取り」です。

幼稚園・保育園時代に文字を書く練習をする機会はあっても、正しくきれいな字で何度も書く経験をしている子は少ないですよね。

書き取りは忍耐力も必要となる作業であり、親子間でやろうとするとどうしても機嫌が悪くなりがち…。

みさき

みさき

そこでチャレンジタッチの登場です!

チャレンジタッチなら、親の私たちが細かく指導しなくても、トメやハライ、ハネはもちろん、書き順までしっかり添削してくれます。

息子

息子

キャラクターが優しく注意してくれたり、自分で間違いに気づくようにしてくれるから、やる気が減らないよ!

チャレンジタッチ1年生で漢字学習スタートダッシュ」の記事では、次の3点について詳しくご紹介しています。

  • チャレンジタッチ1年生の国語の年間カリキュラム
  • チャレンジタッチで楽しく漢字学習ができる理由
  • 実際にチャレンジタッチ1年生で学習する様子

\ひらがなやカタナカナ、漢字の書き取りに不安のあるあなたに読んでほしい/

チャレンジタッチ1年生「算数」レビュー

チャレンジタッチ 算数アプリ

小学1年生の算数は、数を数えるところから始まります。

息子の担任の先生曰く、算数で差がつき始めるのは…

みさき

みさき

ズバリ、くり上がり・くり下がりの計算だそうです!

10までの足し算引き算であれば、指を使ってもできるし、計算作業も簡単。

だから、ほどんどの子がつまづくことなく進めるのですが、くり上がり・くり下がりの計算になるとできる子と分からないこの差がグッと広がってしまうんです。

  • 10の合成と分解を理解し、使いこなせる力
  • 2・3段階の計算に取り組める忍耐力

この2つの力が必要。

10までの計算でいっぱいいっぱいだった子は、くり上がり・くり下がりの計算でつまづいてしまうんです。

さらに、今の小学生はくり上がり・くり下がりの計算を習う際、「さくらんぼ算」というやり方を使います。

みさき

みさき

親世代では習わなかった方法なので、少々厄介なんです💦

くり上がり・くり下がりの際に頭の中で計算していることを可視化しただけなのですが、大人でも「?」と感じる方は多いよう。

そこで活躍してくれるのが、チャレンジタッチ!

教科書に書いてあることを1つ1つ丁寧に、アニメーションを交えて教えてくれます。

息子

息子

学校の授業を受けているみたいで分かりやすいよ!

小学1年生は、自分で文章や絵を見て理解する力はまだまだという子がほとんど。

チャレンジタッチなら、アニメーションと音声で、子ども一人でもわかりやすく解説してくれます。

そして、算数力の差がより広がってしまう原因となるのが演習量。

みさき

みさき

計算問題がズラ~ッと並んでいるだけで嫌!という子も多いですよね。

計算を習い始めると、ズラーッと計算問題が並んだプリントやドリルが宿題になるんです。

それにプラスして、家庭学習用の通信教育でも同じような紙面だったらどうですか?

お子さん、やってくれそうですか?

・宿題だけでも怪しい…
・子どもが進んでやってくれるよなものが良い

そんな場合は、チャレンジタッチがピッタリ!

チャレンジタッチなら、子どもが嫌がりがちな計算問題も、わくわく楽しく!

子どもが進んで何回も取り組みます♪

チャレンジタッチ1年生の赤ペン先生

チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生

チャレンジといえば、「赤ペン先生」が有名ですよね。

みさき

みさき

チャレンジタッチも「赤ペン先生」の添削が受けられます!

2020年度は、年に3回、紙の赤ペン先生が自宅に届き、返却はチャレンジタッチのパッドに届きました。

アニメーション付きなので、目の前で丸付けをしてもらっているかのよう。

自由記述の問題については、他の子の解答例も見られて、孤立しがちな家庭学習でよい刺激になりました。

2021年度からは、小学1年生の赤ペン先生もさらにパワーアップ!

  • 12月号3号を除く毎月、赤ペン先生の課題に取り組める
  • 担任制の導入

担任の先生が、小さな成長も見逃さず褒めてくれるから、子どものやる気も上がります。

答えだけじゃなく、解答のプロセスもチェックしてくれるから、つまづいているポイントにもいち早く気付けますよ。

チャレンジタッチを受講してみて、一番魅力に感じたのは英語!

Challenge English レベル

チャレンジタッチを受講してみて晩魅力を感じたのは、英語が学べる「Challenge English」です。

みさき

みさき

数年前までは別途受講必要だったけど、今は通常の受講費用内ですべて利用できてしまうからとってもお得です!

チャレンジイングリッシュの大きな特徴は次の2つ。

  • 自分に合ったレベルを受講できる
  • 読む・書く・聞く・話すの4技能を学べる

小学5年生から英語の教科化され、親世代が中1で学んだような単語や文法は小学生時代に終わってしまうスピード感のカリキュラム。

英語が得意で教えられる家庭は良いのですが…

みさき

みさき

私は英語が苦手だったので…子どもに教えるなんて無理です💦

チャレンジタッチなら、英語4技能がすべて学べます。

しかも、楽しく・ゲーム的な要素も含まれているので、子どもが自然と夢中になる。

チャレンジタッチで学ぶことで、英語学習に対してポジティブなイメージが持てます。

この、ポジティブなイメージって英語を学ぶ上でのとても大切な土台となる部分ですよね。

家で過ごす時間に比較的余裕のある1年生。

みさき

みさき

このタイミングでチャレンジイングリッシュで英語に取り組めてよかったと感じています。

チャレンジイングシッシュについての詳細は「チャレンジタッチの英語がすごい!」の記事をご覧ください。

チャレンジタッチはどんな子に向いている?

チャレンジタッチ 1年生

 チャレンジタッチは、学校の学習を的確にサポートしてくれる教材です。

・教科書よりも難しいレベルの問題に挑戦したい
・先取りでどんどん進めたい
・シンプルな教材が良い

この3つのどれかに当てはまる場合、チャレンジタッチはお勧めできません。

難易度を上げたい場合は、次の2つのどちらかがおすすめ。

・紙のチャレンジ1年生のコース
・Z会のハイレベルコース

チャレンジもZ会も紙のコースであれば、難易度の高い問題が出るコースに挑戦できます。

タブレットコースの受講をしてみて物足りなかったり、幼児期に取り組みをしていた場合は、レベルが選べる紙の通信教育がおすすめです。

算数は先取りでどんどん進めたい場合は、RISU算数がおすすめ。

チャレンジタッチでも漢字や計算は無学年制のアプリがあるのである程度の先取りは可能です。

でも算数の先取りはRISU算数が最も効果的。

文章題や図形、表・グラフの問題が豊富で、算数特化の通信教材ですが国語力も育ちます。

シンプルな教材が良い場合は、次の2つのどちらかがおすすめ。

・Z会のタブレットコース
・スマイルゼミ

チャレンジタッチは子どもが楽しく学習できる分、カラフルでごちゃっとして見えます。

学習アプリの種類も多く、メインのレッスンよりもゲーム的要素が強くて子どもがハマってしまいそうだったり、

もっと学習に集中できるものが良い場合は、チャレンジタッチ以外のタブレット学習教材がおすすめです。

Z会やスマイルゼミなら、今日やるべきことが一目でわかり、画面構成も落ち着いていてシンプルなので、勉強に集中できます。

みさき家はZ会タブレットコース・RISU算数も受講中。

Z会のレビューはこちらから
RISU算数のレビューはこちらから(お得な限定クーポン配布中)

反対に、次の3つのどれかに当てはまるご家庭は、チャレンジタッチがピッタリ!

  • 学校の授業の予習や復習がしたい
  • これから家庭での学習習慣をつけていきたい
  • 子どもが楽しく、親の負担が少ないものが良い
みさき

みさき

楽しく、自信を持って小学校生活が送れると思います!

1.学校の予習や復習がしたい

チャレンジタッチは、小学校の教科書準拠の教材です。

息子の場合、チャレンジタッチに配信されるペースで学習すると、授業よりもちょっと早いタイミングで学習できました。

毎日コツコツ取り組むだけで、自然と授業の予習ができます。

息子

息子

学校の授業でも自信を持って手を挙げられたし、発表もできたよ!

チャレンジタッチは、メインとなるレッスンのほかに、演習や発展も問題にも追加受講費無料で取り組めるのが大きな特徴。

復習や学習内容をより深堀できるので、学習したことを確実に積み上げていけます。

みさき

みさき

チャレンジタッチに取り組んでいれば、学校の授業では困りません!

2.これから家庭での学習習慣をつけていきたい

小学校に入ってからは生活の仕方がガラッと変わりますよね。

学校でも授業を5時間受けて、宿題もして。

さらに、家庭学習まで?

家庭での学習習慣がついていない子にとってはかなりハードルが高いです。

でも、チャレンジタッチならお子さんが進んで勉強したくなる仕掛けがたくさんあるから大丈夫。

メインとなるレッスンでは、コラショなどのキャラクターがお子さんに話しかけるように。

アプリではゲーム感覚で。

みさき

みさき

楽しく・わかりやすく、学習を進められるから、学習の習慣化がしやすいですよ!

3.子どもは楽しく、親の負担も少ない

低学年の家庭学習は、親が丸付けをしたりわからないところは教えたりする必要があります。

丸付けするにも、解説するにも、手間や時間がかかりますし、親子間でケンカにもなりがち。

でも、タブレット学習なら全部自動で丸付け!

間違えても、キャラクターが励ましてくれたり、詳しい解説を表示してくれたり。

子どものやる気を削がない方法で、アプローチしてくれます。

そして、違えた問題はタブレットが記録してくれているから、子どもの苦手なところも簡単に把握できるのがお嬉しいところ。

みさき

みさき

子どもは楽しく取り組めるし、親の負担は少なく、子どもの一番の応援者になって見守れます。

\お得な入会キャンペーン実施中/

チャレンジ1年生は、月あたり2,980円~
国語・算数・英語・プログラミングが学べる♪

みさき

みさき

関東在住、専業主婦。
2013年生まれの息子と2015年生まれの娘がいます。
おうち幼児教育で築いた土台をもとに、小学生も親子で学びの芽を伸ばしていきたい!
実際に取り組んだこと、調べたことを当ブログにまとめています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です